買い取った車の売り方

中古車というものは早い話、誰かのお古を安く買うということになりますが、一昔前までは、中古車販売店が車を必要としない方から買い取って、それを整備してから同じ店舗内に並べて販売するという流れになっていました。

 

しかし、近年中古車オークションなるものが作られるようになり、買取った車をその店舗内や同系列店舗だけで売るのではなく、中古車オークションに出品して競り落としてもらうようになりました。

 

一見、この方がいろいろな車を取りそろえることができ、中古車を買う側も売る側もメリットが大きいように思えますが、実はその間にはいろいろな手数料や出品料、買取った側の利益、販売する側の利益というものがかかってきており、実際には昔よりコストの面ではデメリットの方が大きいのです。

 

ただ、各店舗の努力によって利益を少なくして薄利多売的な売り方をするようになり、実際には高く買い取って安く販売するということになってはいますが、同じ努力をすれば昔の方が高額買取、安値販売ができていたわけです。

 

現在、自動車買取店、中古車販売店は沢山ありますが、すべてのところがこういったやり方をしているわけではなく、オークションを活用した流通を行っている傍ら、昔ながらの直接販売ということを行っているところもあるのです。

 

ちょっと変わったCMでおなじみのカーセブンがそのいい例で、カーセブンの店舗にはその場で買い取った車がその場で売られているらしいのです。